気相吸着用

サンテックス活性炭の特長
気相吸着用活性炭
液相吸着用活性炭
ヨウ素酸添着活性炭 【サンプリフ Oシリーズ / スターコール Iシリーズ】

従来の一般活性炭や3層式活性炭をヨウ素炭で脱臭処理を行うことで、活性炭使用量・交換頻度の減少、
また送風機の電力削減により、従来脱臭処理の大幅なコストダウンが可能です。

炭種 形状 粒度 充填密度
一般ガス用活性炭 破砕状 4〜8メッシュ【4.7〜2.4mm】 0.40〜0.50kg/L
サンプリフ Y-SC・O
スターコール Y-AC・I
破砕状 4〜8メッシュ【4.7〜2.4mm】 0.52〜0.62kg/L
一般ガス用活性炭 円柱状 4〜6メッシュ【4.7〜3.3mm】 0.40〜0.50kg/L
サンプリフ Y-SC・O
スターコール Y-AC・I
円柱状 4〜6メッシュ【4.7〜3.3mm】 0.52〜0.62kg/L


  • 高濃度硫化水素が流入すると従来のヨウ素炭では酸化剤ゾーンが保護されず、
       ヨウ素酸が消耗され硫化メチル等の除去が不十分になります。
  • そこで当社のヨウ素炭は、左図のように入気側で脱硫化水素触媒ゾーンとして作用し
       ヨウ素酸が消耗しないようにバリアとして機能する特殊製法で調整しています。
  • 脱硫化水素触媒ゾーンでは、硫化水素が酸化され空気中の水分と反応し
       硫酸として活性炭に保持されます。
  • 3で生成された硫酸が中和剤として働き、アンモニア等のアルカリ性成分を効率的に除去します。

圧力損失
基本設計条件
項目 推奨設計値 備考
空塔速度 0.20〜0.34
m/sec
上向流で使用時は活性炭が流動開始する
0.5 m/sec以下で使用
充填高さ 0.20〜0.34
m/sec
臭気負荷が極小の場合、
0.1m以下でも可能
接触時間 0.20〜0.34
m/sec
臭気負荷が極小の場合、
0.5sec以下でも可能
ガス温度 0.20〜0.34
m/sec
氷点下及び45℃以上にならないこと
湿  度 0.20〜0.34
m/sec
ただし、結露しないこと

高湿度条件での使用の場合脱臭装置は必ず耐食材料で製作してください。

炭種別性能/平衡吸着量(%)(濃度5ppmにおける)
炭種 硫化水素 アンモニア 硫化メチル
ヤシガラ系破砕状 44 7 6
石炭系円柱状 39 7 6

※アンモニアの平衡吸着量は、硫化水素共存下で測定

スターコール®(特許庁 商標登録番号 第779266号)は、旧北炭化成工業株式会社から株式会社サンテックスへ
譲渡による商標権移転をしました。

保管上の注意

  • 火気に注意してください。10トン以上を保管する場合は消防法の指定可燃物扱いになります。
  • 直射日光を避け、水漏れ、湿気に注意し、屋内で保管してください。
  • 袋内の圧力の変化によって、内容物が固くなったり開封時に吹き出すことがあります。
  • 状況に応じて粉塵対策上、眼鏡・マスク・手袋などの保護具を着用してください 。
  • 空気中の酸素を吸着するため、吸着塔内は酸素欠乏状態になります。
  • 吸着塔内に立ち入る際は必ず労働安全衛生法に従ってください。
  • 目に入った場合は、こすらず直ちに清浄な流水でよく洗眼し、医師の手当を受けてください。
  • 添着炭は特殊処理を施してあるため、取り扱いはカタログおよびMSDS等の注意に従ってください。